連盟について
 About us

TOP > 連盟について > 連盟の理念と活動

連盟の理念と活動

 全国農村振興技術連盟では、会員の農村振興に係る技術力向上にむけた取組、農村振興に携わる者の交流・親睦・情報交換、
農業・農村について国民への情報発信・広報などの活動を行っています。そうした活動を通じて、農村振興の重要性について
社会的評価を確立し、農村の一層の振興に寄与することを目的としています。

◆連盟と農業土木学会との連携

 「知と組織」としての学会と「和の組織」としての連盟が車の両輪として、連携してその役割を果たしていくことが
益々重要になっています。
連盟では農業土木技術者継続教育機構の特別会員として継続教育に参画し、連盟が実施する研修会を学会後援のもとに
認定プログラムとして実施しています。

1.会誌「農村振興」の発行等

 ①会誌等の発行
  会誌は昭和23年7月の創刊以来、毎月発行しています。会員相互の情報交換や、中央からの情報発信により交流の
 場として会員が気軽に親しめる内容としています。掲載記事は会員の皆さんからの投稿を中心にして編集しています。
  また、過去の会誌掲載記事の検索サービスや会員名簿の発行も併せて行っています。

 ②対談・座談会の開催
  時の話題を選び、対談・座談会を開催して会員相互の意見、情報の交換の場としています。
  その内容は会誌を通じて会員に紹介し、知識や技術の向上を図っています。

2.研修会の開催と支援

 ①中央研修会の開催
  農業農村整備事業を巡る最新の情勢や施策についての情報提供をおこない、会員の幅広い知識の習得と総合的な技術
 力の向上を図るため、次の研修会を実施しています。
  ○農業農村整備サマーセミナー
  ○東京フォーラム
  なお、これらの研修会はCPD単位にカウントされるとともに農業土木技術管理士の資格更新手続きの条件となる研
 修となっています。

 ②地方巡回型研修

 ③地方研修会への支援
  地方で取り組まれている技術研修会、広報活動等への支援も行っています。

3.技術力向上に向けた取組

 ①技術力向上クイズの実施
  専門技術や農政一般に関する情報に気軽に触れることができるように、連盟ホームページにクイズ形式で問題を掲載
 し、農業農村に携わる皆さんに広く提供しています。

 ②若手技術者の技術発表会への支援
  地方連盟で取り組まれている技術発表会等について支援するとともに、その内容を会誌に掲載して紹介しています。

 ③技術士資格取得への支援
  連盟として技術士試験の受験案内を行うほか、全国農業土木技術士会が行う講習会や論文指導などを側面から支援し
 ています。

 ④技術図書の発行
  連盟では次の技術図書を発行・頒布ています。
  ○土木工事共通仕様書・施設機械工事等共通仕様書
  ○土地改良工事積算基準(土木工事)
  ○工事監督必携
  ○災害復旧事業の解説
  ○災害復旧事業の復旧工法

4.国民への情報発信・広報

 ①連盟ホームページによる情報発信
  ホームページを開設し、連盟活動に理解を頂くため、技術力向上に向けた取組、会員相互の交流・親睦、国民への情
 報発信・広報に関する種々の情報を掲載しております。

 ②ラジオメディアによる広報支援
  国民一般に対し、農業農村への理解を深め更なる農村の振興に寄与するため、連盟会員が主体となって行う地域住民
 活動に関し、ラジオ放送を活用した広報活動を支援しています。

 ③広報活動の奨励
  毎年開催する東京フォーラムの開催に併せ農業農村整備広報大賞の表彰を行い、広報活動に対する取組を奨励してい
 ます。

5.表 彰

 ①農村振興技術連盟大賞
  農村振興にかかる技術の啓発・普及や連盟活動に顕著な功績があったと認められる個人、団体を表彰しています。

 ③梶木賞
  若手技術者の資質向上を目的に農村振興に関する論文を募集し、優れた論文について表彰しています。

 ③農業農村整備事業広報大賞
  農村振興の重要性や社会的意義について国民一般から広く理解を得るため地域活動や、広報活動の成果が特に優れて
 てると認められる団体を表彰しています。

 ④優秀報文
  当連盟会誌「農村振興」に掲載(毎年3月~翌年2月号)した報文を対象として、優秀な報文を選定し、会誌及び連盟
 ホームページに掲載します。

6.その他

 ①海外との交流
  連盟が窓口となり中華民国(台湾)と「日華農業水利技術検討会」を毎年開催するとともに、訪日団の受け入れ等技術
 者の交流をしています。