研修会 Training

TOP > 研修会 > リーダー研修

リーダー研修

 平成29年度 農村振興リーダー研修を開催します。

法律に基づく多面的機能支払交付金制度の展開を支援する

平成29年度 農村振興リーダー研修のご案内


主催:全国農村振興技術連盟 協賛:農研機構 農村工学研究部門
 平成26年度には、従来の農地・水保全管理交付金制度もカバーした「多面的機能支払交付金制度」が創設され、一昨年度からは、制度が法律に基づくものとしてスタートしています。新たな交付金制度による地域活動を円滑に進めていただくため、今回の研修では「保全活動の広報及び水路の補修」をキーワードに、制度の概要や手続きに関する講義のほか、活動組織の事務・組織運営等に関する講義、水利施設等の機能診断・補修技術に関する講義、一般の方に多面的機能保全活動について理解を深めてもらう広報など、交付金活動を進める上での重要な内容を盛り込んだ演習を企画しました。また、交付金の制度について、農林水産省の担当官から直接説明を受ける講義時間を設けるとともに、受講者からの質問時間等を昨年度より拡大して、活動組織の皆さんの「ここを知りたい」に対応した研修としています。今回も、当研修の特長であるワークショップ手法を通じて、受講者の皆さんとともに地域の将来の夢を語り合いつつ、ひとつひとつ具体の取組を進めていただけるよう支援させていただきたいと考えています。多面的機能支払活動組織の皆様、農村振興に携わっておられる多くの皆様のご参加をお待ちしております。また、地域活性化に大きな役割を期待されています女性の方々の多くのご参加をお願い致します。


1. 研修日程、場所
  (いずれの会場にも参加者用駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。)
  北海道ブロック 札幌市   平成30年1月24日(水)~26日(金)
 道民活動振興センター(かでる2・7、710会議室)
 札幌市中央区北2条西7丁目(JR札幌駅 徒歩9分)

東北ブロック 仙台市   平成29年11月8日(水)~10日(金)
 仙台市戦災復興記念館(5F 会議室) 仙台市青葉区大町2-12-1
 (地下鉄東西線 大町西公園駅 徒歩6分、または市バス(仙台駅15-1
  及び15-2乗り場からバス7分)東北公済病院・戦災復興記念館前 徒歩2分)

関東ブロック 東京都   平成29年12月6日(水)~8日(金)
 東京都電気工事会館(7F 大講堂) 東京都中央区築地3-4-13
 (JR山手線有楽町駅乗り換え、東京メトロ銀座駅より日比谷線5分、築地駅下車 徒歩2分)

北陸ブロックⅠ 金沢市   平成29年10月31日(火)~11月2日(木)
 石川県教育会館(2F 第1会議室) 金沢市香林坊1-2-40
 (香林坊バス停徒歩3分)

北陸ブロックⅡ 新潟市   平成29年11月20日(月)~11月22日(水)
 新潟市ユニゾンプラザ(4F 大会議室) 新潟市中央区上所2-2-2
 (JR新潟駅万代口バスターミナル8番のりば、ユニゾンプラザ前 徒歩1分)

東海ブロック 名古屋市  平成29年10月18日(水)~20日(金)
 大津橋会館(5F 大会議室) 名古屋市中区丸の内3-4-10
 (地下鉄 久屋大通駅徒歩6分)

近畿ブロック 神戸市   平成29年8月2日(水)~4日(金)
 兵庫県土地改良会館 神戸市中央区北長狭通5-5-12
 (JR神戸線、阪神電車元町駅徒歩5分)

中四国ブロック 岡山市   平成29年11月29日(水)~12月1日(金)
 岡山ターミナルスクエア 12階会議室 岡山市北区駅元町1-4
 (JR岡山駅 徒歩1分)

九州沖縄ブロック 熊本市   平成29年12月13日(水)~15日(金)
 熊本市国際交流会館 熊本市中央区花畑町4-18
 (JR熊本駅より市電 花畑町下車 徒歩3分)

2. 研修対象者 ① 多面的機能支払対策、農地・水保全管理対策における地域協議会のリーダー
  や活動組織のまとめ役、並びに農村振興に携わっている方
(農村振興に女性の視点が重要になっていることから、女性の参加にも
 ご留意ください。)
② 都道府県、市町村、土地連等の農村振興施策に携わっている方
    (研修2日目は、活性化の提案や意見交換などを、参加者間で行っていただく
 濃密な研修形式になっていますので、参加者の選定の際はご留意ください。)


3. 研修内容 テーマ「保全活動の広報及び水路の補修」
 ワークショップ形式による整備・活動計画策定等の体験学習、機能診断・補修技術、事務・組織運営及び人材育成等に関する講義
リーダー研修のプログラムについて(PDFで開きます)

4. 研修人数 各会場 約80名程度

5. 参加費 20,000円

6. 参加申込み 参加希望者は、各都道府県連盟を通してお申し込み下さい。

7. その他 研修第1日目の夕方、希望者と国の多面的機能担当者等との交流会を予定しています。